2017年1月8日日曜日

冬キャベツ



これは現在収穫中の冬キャベツです。
品種はタキイの「あやね」です。

今までは冬キャベツはタキイの「あやひかり」を
長年栽培してきました。

同じ圃場に同じ条件で2品種を
植えてみました。

「あやね」は外葉が大きく
従って玉(キャベツ)も大きく育ちました。

これから本格的な寒さになりますので
寒さにどちらが強いか検討しなければなりません。

有機肥料だけで作っているキャベツが
寒さに遭ってとても甘くなってきました。

頒布会の皆さんには10日にこのキャベツも
お送り致しますのでお楽しみに!


2017年1月7日土曜日

牛神様

私も初詣は1月5日に大祭が行われる備前市(旧吉永町)
田倉にある牛神様への参拝です。

神様と言っても社殿はなく備前焼の牛がうず高く
積まれておりその数20万個とも言われています。

昔、農家にはどの家にも農耕用に牛が飼われており
牛の健康と豊作を願っての参拝だったのでしょう。

今でも大勢の人々が
参拝に訪れています。


参道には多くの露店が並んでいます。
その一つ高梁市から鍛冶屋がやって来ていました。

珍しい農具があったので何に使うのか聞いてみました。
すると「イモを掘る農具」と答えてくれました。

ついでに小さな斧を買いました。
どちらも8000円でした。

他に鉈、ホウレン草収穫鎌も購入。

塩干もの、苗木、作業着、たい焼き、イカ焼き、
縁日定番の露店がずらり。

あれこれ買い物を楽しんできました。







2017年1月4日水曜日

いもぼう

昨年初めて作ったエビイモ
一株掘ったところ約2キログラムありました。

元旦に二人の娘夫婦と孫
総勢9名やってきました。

その夜は娘らが持ってきた
正月料理を食べました。

2日の昼は3日前から水に戻していた
タラを使って「いもぼう」を作ったところ
「おいしい」と言ってアッと言う間に平らげてしまいました。

メインは孫らのリクエスト「ブリの刺身」です。
魚屋に頼んでいた「活〆」のブリ一尾、大皿盛り

お年玉を貰って美味しいものを食べた
孫らを見送って二人になった。

年賀状を見ながらのんびりとしていると
なんとなく間が抜けた気分。

明日からあれこれ動いて
仕事を楽しもう。


2016年12月14日水曜日

小蕪定植

 


 このハウス(30m×6m)には抑制のキュウリを植えていました。
12月3日に最後のキュウリの収穫が終わるとその日のうちに
サラダ小蕪を植えました。

植えたのはハウスの三分の一、プラグトレーで作っていた苗を
20cm間隔で植えました。本葉4枚になっていました。

植えてから10日あまり経っているので
新しい葉を出し見違えるほどに成長しています。

近日中に残りを植えます。
収穫は2月に入ってから3月中旬までをを予定しています。

蕪の収穫が終わると3月下旬には最も早いキュウリを
植え付けます。