2016年9月14日水曜日

胡瓜

このきゅうりは8月9に植えました。
収穫最盛期に入ろうとしています。

病気の発生も極僅かです。
曲がったキュウリも極僅かです。

収穫中によく見かけるのですが
キュウリが上方に向かって伸びているのです
樹勢が強いと曲がることなく
成長します。

樹勢の元になっているのは
長年の土つくりです。

定期的に有機肥料の施肥を
する事は重要な作業になります。


2016年9月11日日曜日

落花生

今年の落花生は例年に比べると
よく出来ている。

株間40センチで一条植えています。
幅1メートルにも繁茂しています。

茎を持ち上げようとすると
多くの気根が土中に入っている。

気根の先が丸く膨らんでいて
それが落花生になるのです。

名前の通り「花が落ちて生長する」のです。
落花生の生を茹でて食べるととても美味しいです。

我が家では「落花生餅」を作ったり
「ピーナッツ和え」に年中使っています。




2016年9月9日金曜日

サトイモ三種

今年はサトイモを三種類植えています。
これは「エビイモ」です

エビイモは初めて植えました。
他のサトイモのように脇芽は取りません。

脇芽を大きく育てるのが上作だそうです。
草丈は私の背より高くなっています。

「東京ドダレ」も同じように育っています
たっぷりの有機肥料と一日おきの畝間潅水で
順調に育っています。

今年は3ンの収穫を期待しています。
別の圃場に植えている「大野イモ」も良くできています。

今年は初めて植えた大野イモとエビイモがたのしみです。
頒布会の皆さん これらの美味しいイモをお送りいたしますのでお楽しみに!。

2016年9月8日木曜日

黒大豆

この圃場は3.5アール毎年玉ねぎと
黒大豆を交互に栽培しています。

殆どの農家は大豆の種子を直接蒔きますが
私はポットで苗を作り植えています。

いつもの年は7月に入ると定植するのですが
今年は他の作業と競合したり雨が多くて定植が遅れてしまった。

すると苗は伸びすぎてひょろひょろ苗になってしまった。
こんな苗を植えてもよいのかと迷った。

そのころ近在の農家では黒大豆の土寄せが
始まっていた。

植えるのを躊躇しても始まらないので
7月18日、植えることにした。

徒長していた苗なので深く植え
倒れないようにと両側から土を寄せて倒れないようにした。

それからは晴天続きで生育は遅々としていた。
8月に入ると猛暑続きで夕方になっても萎れていた。

そこで畝間にポンプでたっぷりの水を入れた。
いわゆる畝間潅水です。

すると日々見違えるほどに大きくなってきた。
8月下旬にはたくさんの花が咲いてきた。

今年も美味しい黒大豆枝豆と大豆が採れそうです。
前作の玉ねぎの残り肥料で出来ており黒大豆には無肥料です。